読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書感想文(関田 涙)

関田 涙(せきた・なみだ)

年代別一覧


【1799年以前】
1357年 東方旅行記(ジョン・マンデヴィル)
1614年 贋作ドン・キホーテアロンソ・フェルナンデス・デ・アベリャネーダ)
1617年 ペルシーレス(ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ)
1676年 釣魚大全アイザックウォルトン、チャールズ・コットン、ロバート・ヴェナブルズ)
1745年 奴婢訓ジョナサン・スウィフト
1768年 センチメンタル・ジャーニー(ロレンス・スターン)

【1800〜1899年】
1801年 気球乗りジャノッツォ(ジャン・パウル
1823年 愉しき放浪児(ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフ)
1853年 女だけの町(エリザベス・ギャスケル)
1859年 オブローモフ(イワン・ゴンチャロフ
1871年 マーク・トウェインのバーレスク風自叙伝マーク・トウェイン
1874年 聖アントワヌの誘惑(ギュスターヴ・フローベール
1884年 ヴィーナス氏(ラシルド)
1888年 八時四七分の列車(ジョルジュ・クールトリーヌ)
1894年 ジャングル・ブックラドヤード・キプリング
1895年 続ジャングル・ブックラドヤード・キプリング
1896年 ユビュ王アルフレッド・ジャリ
1897年 氷のスフィンクスジュール・ヴェルヌ

【1900年代】
1904年 生きていたパスカルルイジ・ピランデルロ
1905年 恋人たちと泥棒たち(トリスタン・ベルナール)
1906年 ヒヨコ天国(P・G・ウッドハウス
1907年 カンタベリー・パズル(H・E・デュードニー)

【1910年代】
911 クローヴィス物語(サキ)
1913年 おお開拓者よ!(ウィラ・キャザー)
1913年 ジョン・バーリコーンジャック・ロンドン
1913年 夜鳥モーリス・ルヴェル
1915年 ミュンヒハウゼン男爵の科学的冒険ヒューゴー・ガーンズバック
1916年 三等水兵マルチン(タフレール)
1916年 メジャー・リーグのうぬぼれルーキーリング・ラードナー
1917年 ユーラリア国騒動記(A・A・ミルン)

【1920年代】
1920年 アルクトゥールスへの旅デイヴィッド・リンゼイ
1920年 オズのグリンダライマン・フランク・ボーム
1922年 ゴルフ人生(P・G・ウッドハウス
1922年 でぶの悩み(アンリ・ベロー)
1923年 火山を運ぶ男(ジュール・シュペルヴィエル
1924年 マダムは子供が嫌いとおっしゃる(クレマン・ヴォーテル)
1926年 騎兵隊(イサーク・バーベリ)
1926年 ゴルきちの心情(P・G・ウッドハウス
1926年 名探偵オルメスピエール・アンリ・カミ)
1927年 魔法の木(ウィリアム・フォークナー)
1927年 われら(エヴゲーニイ・ザミャーチン
1929年 エッフェル塔の潜水夫ピエール・アンリ・カミ)
1929年 迷宮一〇〇〇(ヤン・ヴァイス)
1929年 SEXは必要かジェイムズ・サーバー、E・B・ホワイト)

【1930年代】
1932年 猫城記(老舎)
1933年 カメラ・オブスクーラウラジーミル・ナボコフ
1934年 ガイアナとブラジルの九十二日間イーヴリン・ウォー
1934年 七つのゴシック物語(イサク・ディーネセン)
1934年 マグダウラジーミル・ナボコフ
1935年 旧聞日本橋長谷川時雨
1935年 ラーオ博士のサーカス(チャールズ・G・フィニー)
1935年 令嬢クリスティナミルチャ・エリアーデ
1936年 狂気の山脈にて(H・P・ラヴクラフト
1938年 マーフィ(サミュエル・ベケット
1938年 マルゴウラジーミル・ナボコフ
1939年 スウィム・トゥー・バーズにてフラン・オブライエン

【1940年代】
1940年 現代イソップ/名詩に描くジェイムズ・サーバー
1940年 心は孤独な狩人カーソン・マッカラーズ
1940年 親友・ジョーイ(ジョン・オハラ)
1941年 黄金の眼に映るものカーソン・マッカラーズ
1941年 オプス・ピストルムヘンリー・ミラー
1942年 第七の十字架(アンナ・ゼーガース)
1942年 (ワンダ・ワシレフスカヤ)
1944年 新カンタベリー物語ジャン・レイ
1945年 予兆の島ロレンス・ダレル
1946年 その男ゾルバニコス・カザンザキス
1948年 明日に別れの接吻を(ホレス・マッコイ)
1948年 陽気なドン・カミロドン・カミロ頑張る(ジョヴァンニ・グァレスキ)
1948年 より大きな希望(イルゼ・アイヒンガー)

【1950年代】
1950年 かも猟ユゴー・クラウス)
1950年 はかない人生(フアン・カルロス・オネッティ)
1951年 あなたはタバコがやめられる(ハーバート・ブリーン)
1951年 泥棒の息子(マヌエル・ロハス
1951年 野球殺人事件(田島莉茉子)
1952年 御者のからだの影(ペーター・ヴァイス)
1952年 ナチュラル(バーナード・マラマッド)
1953年 いたずらの天才(H・アレン・スミス)
1953年 失われた足跡(アレホ・カルペンティエル
1953年 ドン・カミロ大いに困る(ジョヴァンニ・グァレスキ)
1953年 野蛮人との生活(シャーリイ・ジャクスン)
1954年 ラッキー・ジムキングズリー・エイミス
1955年 蜘蛛の家ポール・ボウルズ
1955年 ペドロ・パラモフアン・ルルフォ
1955年 B・ガールフレドリック・ブラウン
1956年 宇宙人フライデー(レックス・ゴードン)
1956年 ピンチャー・マーティンウィリアム・ゴールディング
1956年 虫とけものと家族たちジェラルド・ダレル
1957年 アシスタント(バーナード・マラマッド)
1958年 キャンディテリー・サザーン
1958年 二日酔よこんにちは(ハッソルト・デイヴィス)
1958年 蜜の味(シーラ・ディレーニー)

【1960年代】
1960年 荒れた海辺(ジャン=ルネ・ユグナン)
1960年 汝、人の子よ(アウグスト・ロア=バストス)
1961年 去年マリエンバートでアラン・ロブ=グリエ
1961年 消点(ペーター・ヴァイス)
1961年 100兆の詩篇レーモン・クノー
1961年 星の切符(ワシーリィ・アクショーノフ)
1961年 ミス・ブロウディの青春(ミュリエル・スパーク)
1961年 浴槽で発見された手記スタニスワフ・レム
1963年 石蹴り遊び(フリオ・コルタサル
1963年 セシル、ジャン=ピエールに出会うポール・ギャリコ
1963年 不滅の女アラン・ロブ=グリエ
1963年 ユニコーン(アイリス・マードック
1963年 ライロニア国物語(レシェク・コワコフスキ)
1964年 聖ヴィーナスの夕べアンソニー・バージェス
1964年 ジャン=ピエール、さらわれるポール・ギャリコ
1964年 ハーツォグ(ソール・ベロー)
1964年 マラルメ先生のマザー・グースステファヌ・マラルメ
1965年 青い花レーモン・クノー
1965年 ケストナーの「ほらふき男爵」エーリッヒ・ケストナー
1965年 ジャン=ピエール、世界をめぐるポール・ギャリコ
1965年 象は世界最大の昆虫である(ヨハン・ゲオルク・アウグスト・ガレッティ)
1965年 旅に出る時ほほえみを(ナターリヤ・ソコローワ)
1965年 ミセス・スティーヴンズは人魚の歌を聞くメイ・サートン
1965年 物の時代ジョルジュ・ペレック
1966年 小さなバイクジョルジュ・ペレック
1966年 (フィリップ・ソレルス
1967年 第三の警官フラン・オブライエン
1967年 脱皮(カルロス・フエンテス
1967年 ニグロ民話集(リチャード・M・ドーソン)
1967年 二重太陽系死の呼び声(ニール・R・ジョーンズ)
1967年 双子惑星恐怖の遠心宇宙船(ニール・R・ジョーンズ)
1967年 フライデーあるいは太平洋の冥界ミシェル・トゥルニエ
1967年 放浪惑星骸骨の洞窟(ニール・R・ジョーンズ)
1967年 マイラゴア・ヴィダル
1967年 リュシエンヌに薔薇をローラン・トポール
1967年 惑星ゾルの王女(ニール・R・ジョーンズ)
1968年 アメリカの果ての果て(ウィリアム・H・ギャス)
1968年 サセックスフランケンシュタイン(H・C・アルトマン)
1968年 びっくりハウスの迷子ジョン・バース
1968年 冒険少女ミス・ワンダー久松文雄
1968年 勇気ある追跡(チャールズ・ポーティス)
1968年 ユニヴァーサル野球協会ロバート・クーヴァー
1969年 完全犯罪売ります(ユベール・モンテイエ)
1969年 ジャン=ピエール、サーカスに入るポール・ギャリコ
1969年 鳥とけものと親類たちジェラルド・ダレル
1969年 破壊しに、と彼女は言うマルグリット・デュラス
1969年 秘義と習俗フラナリー・オコナー
1969年 豚の戦記(アドルフォ・ビオイ=カサレス)
1969年 フランス軍中尉の女ジョン・ファウルズ
1969年 ループ・ガルー・キッドの逆襲(イシュメール・リード)

【1970年代】
1970年 エペペ(カリンティ・フェレンツ)
1970年 ジュリアとバズーカアンナ・カヴァン
1970年 ビリー・ザ・キッド全仕事マイケル・オンダーチェ
1970年 不安 ペナルティキックを受けるゴールキーパーの……(ペーター・ハントケ
1970年 夜のみだらな鳥(ホセ・ドノソ)
1971年 邪魔をしないで(ミュリエル・スパーク)
1971年 ダイスマン(ルーク・ラインハート)
1971年 テスケレ(ルーチョ・チェーヴァ)
1971年 パステル都市(M・ジョン・ハリスン)
1971年 フライデーあるいは野生の生活ミシェル・トゥルニエ
1971年 ラスベガス★71(ハンター・S・トンプソン)
1973年 解放されたフランケンシュタイン(ブライアン・W・オールディス)
1973年 孤独な男(ウージェーヌ・イヨネスコ)
1973年 台風の目(パトリック・ホワイト)
1973年 にわとりのジョナサン(ソル・ワインスタイン、ハワード・アルブレヒト
1974年 イーダの長い夜(エルサ・モランテ)
1974年 宇宙人のしゅくだい小松左京
1974年 カタリーナの失われた名誉(ハインリヒ・ベル)
1974年 生存者の回想(ドリス・レッシング)
1974年 2018年キング・コング・ブルース(サム・J・ルンドヴァル)
1974年 バドティーズ大先生のラブ・コーラス(ウィリアム・コツウィンクル)
1974年 ファツ・ヒバトールヘイエルダール
1974年 冬の子供たち(マイクル・コニイ)
1974年 マイロンゴア・ヴィダル
1975年 生ける屍(ピーター・ディキンスン)
1975年 オルゴン・ボックスパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
1975年 遙かな海亀の島(ピーター・マシーセン)
1975年 ラグタイム(E・L・ドクトロウ)
1976年 熱い太陽、深海魚(ミシェル・ジュリ)
1976年 アマゾンの皇帝(マルシオ・ソウザ)
1976年 (ロザリンド・アッシュ)
1976年 カウガール・ブルーストム・ロビンズ
1976年 どこまで行けばお茶の時間アンソニー・バージェス
1976年 深き森は悪魔のにおい(キリル・ボンフィリオリ)
1976年 マラキア・タペストリ(ブライアン・W・オールディス)
1977年 石の女J・M・クッツェー
1977年 黄色い鼠井上ひさし
1977年 この狂乱するサーカス(ピエール・プロ)
1977年 先に寝たやつ相手を起こす(ジャン=エデルン・アリエ)
1977年 だれがコロンブスを発見したかそしてだれも笑わなくなったアート・バックウォルド
1977年 バビロンを夢見てリチャード・ブローティガン
1977年 ファタ・モルガーナ(ウィリアム・コツウィンクル)
1978年 風とけものと友人たちジェラルド・ダレル
1978年 スムヒの大冒険アモス・オズ
1978年 大脱出(アンリ・グゴー)
1978年 雪豹(ピーター・マシーセン)
1979年 嘘だといってよ、ビリーアート・バックウォルド
1979年 サンディエゴ・ライトフット・スー(トム・リーミイ)
1979年 天使の恥部マヌエル・プイグ
1979年 亡き王子のためのハバーナ(ギジェルモ・カブレラ=インファンテ)

【1980年代】
1980年 エバ・ペロンの帰還(V・S・ナイポール
1980年 決戦! プローズ・ボウルビル・プロンジーニ、バリー・N・マルツバーグ
1980年 シンガポーリアン・シンガポール(キャサリン・リム)
1980年 プレーボール! 2002年(ロバート・ブラウン)
1981年 シェヘラザードの憂愁(ナギーブ・マフフーズ)
1981年 スターシップと俳句(ソムトウ・スチャリトカル)
1981年 ドジャース、ブルックリンに還る(デイヴィッド・リッツ)
1982年 ヴェルリオーカ(ヴェニアミン・カヴェーリン)
1982年 キホーテ神父グレアム・グリーン
1982年 眠くて死にそうな勇敢な消防士アルベルト・モラヴィア
1982年 ハンバーガー殺人事件リチャード・ブローティガン
1983年 ナボコフのドン・キホーテ講義ウラジーミル・ナボコフ
1984年 かくも激しく甘きニカラグア(フリオ・コルタサル
1984年 大理石ヨシフ・ブロツキー
1984年 ハザール事典(ミロラド・パヴィチ)
1984年 蜂工場イアン・バンクス
1984年 ランゲルハンス島航海記(ノイロニムス・ノドゥルス・フリーゼル)
1985年 イリワッカーピーター・ケアリー
1985年 タイナロン(レーナ・クルーン
1986年 黄泥街(残雪)
1986年 ジェラルドのパーティロバート・クーヴァー
1986年 誰がパロミノ・モレーロを殺したか(マリオ・バルガス=リョサ
1986年 敵あるいはフォーJ・M・クッツェー
1986年 ドン・キホーテキャシー・アッカー
1986年 呪われた愛(ロサリオ・フェレ)
1987年 赤い高粱莫言
1987年 エバ・ルーナイサベル・アジェンデ
1987年 シド・フィンチの奇妙な事件ジョージ・プリンプトン
1987年 纏足(馮驥才)
1987年 ムーンタイガー(ペネロピ・ライヴリー)
1987年 文無し男と絶叫女と罵り男の物語(エイモス・チュツオーラ)
1988年 オババコアック(ベルナルド・アチャーガ
1988年 サマルカンド年代記(アミン・マアルーフ)
1989年 エバ・ルーナのお話イサベル・アジェンデ

【1990年代】
1990年 ウィンブルドンの毒殺魔(ナイジェル・ウィリアムズ)
1990年 ウンブラ(レーナ・クルーン
1990年 空洞地球ルーディ・ラッカー
1990年 さあ、すわってお聞きなさい(エレン・クズワヨ)
1990年 熱帯雨林の彼方へ(カレン・テイ・ヤマシタ)
1991年 逃げ道フランソワーズ・サガン
1991年 満たされぬ道(ベン・オクリ)
1991年 ワイズ・チルドレン(アンジェラ・カーター)
1992年 殺人者の健康法(アメリー・ノートン
1992年 狙われたキツネ(ヘルタ・ミュラー
1992年 夜物語パウル・ビーヘル)
1993年 フォックスファイア(ジョイス・キャロル・オーツ)
1993年 ほら話とほんとうの話、ほんの十ほどアラスター・グレイ
1994年 息吹、まなざし、記憶(エドウィージ・ダンティカ)
1994年 前日島ウンベルト・エーコ
1994年 毒殺魔の十二カ月(ナイジェル・ウィリアムズ)
1995年 午後四時の男(アメリー・ノートン
1995年 サンタ・エビータ(トマス・エロイ・マルティネス)
1995年 葬儀よ、永久につづけ(デイヴィッド・プリル)
1996年 絢爛たる屍(ポピー・Z・ブライト)
1997年 アンダーワールドドン・デリーロ
1998年 グアヴァ園は大騒ぎキラン・デサイ
1999年 悩める狼男たちマイケル・シェイボン

【2000年代】
2000年 紙葉の家(マーク・Z・ダニエレブスキー)
2002年 冷たい肌(アルベール・サンチェス=ピニョル)
2003年 熱帯産の蝶に関する二、三の覚え書き(ジョン・マリー)
2003年 犯罪王カームジンジェラルド・カーシュ

【2010年代】
2013年 ロマンス島手塚治虫

書名一覧
著者名一覧
更新日順一覧

広告を非表示にする