読書感想文(関田涙)

関田 涙(せきた・なみだ)

『小間使の日記』オクターヴ・ミルボー

Le Journal d'une femme de chambre(1900)Octave Mirbeau

小間使の日記』(写真)といえば、ルイス・ブニュエル監督、ジャンヌ・モロー主演の映画(1964)を思い浮かべる人が多いかも知れません。
 しかし、小説が初めて邦訳されたのは大正十二年(一九二三年)と古く、その後も訳者や出版社を変えて何度か刊行されています。
 僕が持っているのは、岡野馨が亡くなった後、永井順が手を入れた(※1)新潮文庫の上下巻です(※2)。こちらは安価で入手できるのでお勧めです。

小間使の日記』は、前回取り上げた『責苦の庭』同様、人間の醜い面をこれでもかというほど誇張しています。その毒や黒い笑いは、百年以上経った現代でも死んでおらず、読者の心臓にしっかり届くでしょう。
 日本では筒井康隆の『家族八景』が、いまだに若い世代にも人気があることを考えると、この小説もすんなり受け入れられるような気がします(『エディプスの恋人』のように、セレスティーヌと歳下の少年とのラブシーンもある)。

 若く美貌のメイドであるセレスティーヌ・Rは、都会の勤め先を転々とし、ノルマンディの田舎にあるランレール夫妻の屋敷にやってきました。
 奥さんは吝嗇で底意地が悪く淫奔、旦那は小心者で一見善人風ですが、小間使に手を出しては孕ますという癖があります。また、使用人や近隣の住人も一癖ある者ばかりです。
 セレスティーヌは、彼らの攻撃を巧みにかわし、ときに反撃し、しっかりと観察し、日記を認めます。

 セレスティーヌの日記をミルボーが手に入れ、出版したという設定です。そのため、各章は日付で分かれています。
 この小説はほとんどの部分(九割くらい)が、ランレール夫妻や過去の奉公先での経験、メイド仲間の噂話など小さなエピソードで構成されています。それも可愛げのあるものではなく、思いっきり引いてしまう鬼畜の如き所業ばかり。召使いなど人間と思っていないことがよく分かります。
 有産階級を憎むミルボーは、彼らをこき下ろすことを目的に、過激な描写を選択したのでしょう。彼の私憤は発売当時であれば辟易したかも知れませんが、現代では却って味になっています。「まあまあ、おっさん、あんまり興奮するなよ」みたいな感じ。

 一方、使用人の方もやられてばかりではありません。主人がおとなしいとみるや、やりたい放題してしまいます(ジョナサン・スウィフトの『奴婢訓』を読むまでもなく、主人と使用人は化かし合うものなのか)。
 そもそもセレスティーヌ自身も品行方正とはいえず、誰とでも簡単に寝てしまうし、隣家のモージェ大尉に可愛がっていたペットの白鼬を食べるよう誘導したりもします。
 なかでもひどいのが、正直の化身と信じられている庭師兼馭者のジョゼフです。彼は、陰で様々な悪事を働いており、そうして貯めた金でシェルブールでカフェを開く予定でいます。さらにジョゼフは、少女が森で惨殺された事件の犯人であるらしいのです。

 不思議なのは、猟奇犯で、なおかつ汚い老人であるジョゼフに、なぜかセレスティーヌが惹かれてしまう点です。
 この辺の心理はさっぱり理解できませんが、結局、彼女はジョゼフと結婚し、カフェの女将に収まります。そして、今度は女中を雇う立場になるのです。
 雇人の気持ちの分かるよい女将になるかと思いきや、三か月に四度も小間使いを取り替えてしまいます……。

 人間の性質は、立場が作り出すものなのでしょうか。
 であるならば、ミルボーが特定の階級や職業を憎んだのも分かります。とどのつまりは、あなたの上司だけが嫌な奴なのではなく、「上司」という存在すべてが憎たらしいというわけです。

 なお、この小説にはデートで映画をみにゆくシーンがあります。映画は当時、最先端の娯楽だったのでしょうね。
月世界旅行』がパリで公開されたのは『小間使の日記』が出版された二年後のことです。

※1:最初の岡野訳では、セレスティーヌは「粋な年増」だったらしい。

※2:下巻のノンブルは、243頁から始まる。現在は、下巻も1頁から数えるのが普通である。


小間使の日記』〈上〉〈下〉岡野馨、永井順訳、新潮文庫、一九五二

→『責苦の庭オクターヴ・ミルボー