読書感想文(関田 涙)

関田 涙(せきた・なみだ)

アメリカ

『キンドレッド ―きずなの招喚』オクテイヴィア・E・バトラー

Kindred(1979)Octavia Estelle Butler オクテイヴィア・エステル・バトラーは「黒人・女性・SF作家」です。 この三つの条件を満たす作家はそれほど多くなさそうです。思いつく範囲ではナロ・ホプキンスン、アンドレア・ヘアストン、N・K・ジェミシン、…

『連れていって、どこかへ』ローレン・ケリー

Take Me, Take Me With You(2004)Lauren Kelly 前回の『Gストリング殺人事件』では、ゴーストライターの話をしましたが、今回は作家の別名義についてです。『連れていって、どこかへ』のローレン・ケリーとは、ある著名な作家の別名です。 本来の作風と異…

『Gストリング殺人事件』ジプシー・ローズ・リー

The G-String Murders(1941)Gypsy Rose Lee ジプシー・ローズ・リーは、アメリカンバーレスクのストリッパー(※1)。「バーレスクの女王」と呼ばれ、映画やテレビにも数多く出演したそうです。彼女はさらに多彩ぶりをみせつけ、推理小説まで執筆しました…

『ジェラルドのパーティ』ロバート・クーヴァー

Gerald's Party(1986)Robert Coover リチャード・ブローティガンにはかつてミステリー、ホラー、ウエスタン、ハードボイルドといった異なる形式を用いて連続して長編小説を発表していた時期がありました。 ロバート・クーヴァーは、いわばそれをずっとやっ…

『だれがコロンブスを発見したか』『そしてだれも笑わなくなった』『嘘だといってよ、ビリー』『ゴッドファザーは手持ち無沙汰』『コンピューターが故障です』アート・バックウォルド

Down the Seine and Up the Potomac With Art Buchwald(1977)/The Buchwald Stops Here(1979)/Laid Back In Washington With Art Buchwald(1981)/While Reagan Slept(1983)/You Can Fool All of the People All the Time(1986)/I Think I Don’t Re…

『絢爛たる屍』ポピー・Z・ブライト

Exquisite Corpse(1996)Poppy Z. Brite サイコサスペンス、ニューロティックスリラー、猟奇ホラーなどに分類されるような小説・映画・漫画は、毎年のように話題になる作品が現れます。僕も嫌いじゃないので色々と試してみますが、刺激に慣れてきたのか、大…

『バドティーズ大先生のラブ・コーラス』ウィリアム・コツウィンクル

The Fan Man(1974)William Kotzwinkle ウィリアム・コツウィンクルの小説のなかでは『ファタ・モルガーナ』が一番好きと書きましたが、それとは対極にありながら、別の意味で愛すべき作品が『バドティーズ大先生のラブ・コーラス』です。 いや、対極という…

『ミュンヒハウゼン男爵の科学的冒険』ヒューゴー・ガーンズバック

Baron Münchhausen's New Scientific Adventures(1915)Hugo Gernsback ヒューゴー賞は、SFの賞としては最も古く、最も知名度が高いのですが、その名の元となったヒューゴー・ガーンズバックの小説を読んだことがある人は、どれくらいいるでしょうか。 日…

『野蛮人との生活 ―スラップスティック式育児法』シャーリイ・ジャクスン

Life Among the Savages(1953)Shirley Hardie Jackson ここのところ、ちょっとしたシャーリイ・ジャクスンブームらしく、長編や短編集の新訳が出版され続けています(※)。ここ一年以内にも『絞首人』『日時計』『なんでもない一日』(全訳ではない)が新…

『決戦! プローズ・ボウル』ビル・プロンジーニ、バリー・N・マルツバーグ

Prose Bowl(1980)Bill Pronzini, Barry Nathaniel Malzberg ビル・プロンジーニは、「名無しの探偵」シリーズで有名なミステリー作家。ただし、僕は推理小説をほとんど読まないので、エラリー・クイーン編の『新 世界傑作推理12選』に収録されている「朝飯…

『明日に別れの接吻を』ホレス・マッコイ

Kiss Tomorrow Goodbye(1948)Horace McCoy ホレス・マッコイは、アメリカよりもフランスで先に評価された作家です。 実存主義の元祖としてジャン=ポール・サルトルらに絶賛され、アーネスト・ヘミングウェイ、ウィリアム・フォークナー、ジョン・スタイン…

『フォックスファイア』ジョイス・キャロル・オーツ

Foxfire: Confessions of a Girl Gang(1993)Joyce Carol Oates ノーベル文学賞の発表が近づくと、よく名前があがるのが、ジョイス・キャロル・オーツ。 何を読んでも面白い、外れの少ない作家のひとりですが、多作かつ様々なジャンル・長さの小説を書くタ…

『プレーボール! 2002年』ロバート・ブラウン

The New Atom's Bombshell(1980)Robert Browne(a.k.a. Marvin Karlins) ロバート・ブラウンの『プレーボール! 2002年』は、タイトルやカバーイラストをみると「宇宙を舞台に異星人と野球で対決するSF小説」と思われるかも知れません(寺沢武一の…

『ブロードウェイの天使』デイモン・ラニアン

Damon Runyon デイモン・ラニアンは、ジャーナリスト出身で、スラングを多用した生き生きとした語り口の短編を得意とするという意味で、リング・ラードナーと共通点があります(ふたりとも、野球の記者としての功績が認められ、J・G・テイラー・スピンク賞…

『ハンバーガー殺人事件』リチャード・ブローティガン

So the Wind Won't Blow It All Away(1982)Richard Brautigan 翻訳文学を楽しむ者にとって、リチャード・ブローティガンといえば藤本和子です。その結びつきが強すぎて、果たしてどちらを好きなのか分からなくなるくらい。一九七〇年代、本国では忘れられ…

『黄金の眼に映るもの』カーソン・マッカラーズ

Reflections in a Golden Eye(1941)Carson McCullers 今からちょうど三年前、二〇一二年最後の読書感想文がカーソン・マッカラーズの『心は孤独な狩人』でした。今年最後の更新では、彼女の次の作品である『黄金の眼に映るもの』を取り上げてみます。 まず…

『ジョン・バーリコーン ―酒と冒険の自伝的物語』ジャック・ロンドン

John Barleycorn(1913)Jack London ジャック・ロンドンは、何といっても『野性の呼び声(荒野の呼び声)』と『白い牙』の二作が有名なので、彼をよく知らない人はアーネスト・トンプソン・シートン(※)のような作家だと思っているかも知れません。 しかし…

『マーク・トウェインのバーレスク風自叙伝』マーク・トウェイン

Mark Twain's (Burlesque) Autobiography and First Romance(1871)Mark Twain 今は亡き旺文社文庫は、一九六五年に誕生し、二十二年間で約千百冊が発行されました。 サンリオ文庫より二か月早い一九八七年六月に廃刊(※1)になったのですが、『マーク・ト…

『いたずらの天才』H・アレン・スミス

The Compleat Practical Joker(1953)Harry Allen Smith メジャーリーグベースボール(MLB)では、主に新入りに対して、いたずらが仕掛けられることがあります。かつてニューヨーク・ヤンキースに在籍していた松井秀喜もその餌食となり、豹柄の仮装をさ…

『ユーモア・スケッチ傑作展〈1〜3〉』『すべてはイブからはじまった』ロバート・ベンチリー、スティーヴン・リーコックほか

このブログの「書名一覧」をみていただくと一目瞭然ですが、僕はユーモア小説に目がありません。 ミステリーや恋愛小説などは年に一冊読むかどうかであるにもかかわらず、広い意味でのユーモア文学は書棚の半分を占めるといっても過言ではないでしょう。 当…

『セシルの魔法の友だち』ポール・ギャリコ

The Day the Guinea-Pig Talked(1963)/The Day Jean-Pierre was Pignapped(1964)/The Day Jean-Pierre Went Round the World(1965)/The Day Jean-Pierre Joined the Circus(1969)Paul Gallico このブログには下書き機能があり、常時五十くらい記…

『ヒヨコ天国』P・G・ウッドハウス

Love Among the Chickens(1906)Pelham Grenville Wodehouse 僕にとってペラム・グレンヴィル・ウッドハウスは、長い間、幻の作家でした。 彼の名前を知った頃、戦前の書籍や、短編が掲載された「新青年」は入手困難で、新刊で読めるのは雑誌やアンソロジー…

『B・ガール』フレドリック・ブラウン

The Wench is Dead(1955)Fredric Brown 僕にとってSFとはフレドリック・ブラウンの小説そのものを指します。 特に『発狂した宇宙』と『火星人ゴーホーム』という二大傑作は、何度読み返したか知れません。個人的には六対四くらいで『発狂した宇宙』に軍…

『ラスベガス★71』ハンター・S・トンプソン

Fear and Loathing in Las Vegas: A Savage Journey to the Heart of the American Dream(1971)Hunter Stockton Thompson ハンター・ストックトン・トンプソンは、ゴンゾー(gonzo)ジャーナリズムの生みの親として知られています。 ゴンゾージャーナリズ…

『あなたはタバコがやめられる』ハーバート・ブリーン

How to Stop Smoking(1951)Herbert Brean 前回の『二日酔よこんにちは』で、田村隆一がハーバート・ブリーンの『あなたは酒がやめられる』(一九五八)から引用していましたが、これは二匹目の泥鰌です。 先に評判になったのは『あなたはタバコがやめられ…

『二日酔よこんにちは』ハッソルト・デイヴィス

Bonjour, Hangover!(1958)Hassoldt Davis 先日、「セックス」の本(『SEXは必要か』)を取り上げたので、今回は「酒」の本を選んでみました。 次は「煙草」の本(『あなたはタバコがやめられる』)にしようかしらん。 ハッソルト・デイヴィスという人物…

『アメリカの果ての果て』ウィリアム・H・ギャス

In the Heart of the Heart of the Country(1968)William Howard Gass 前回の『石の女』の原題は『In the Heart of the Country』。そして、この短編集の原題は『In the Heart of the Heart of the Country』です。Heartが二度繰り返される分だけ、奥の奥…

『現代イソップ/名詩に描く』ジェイムズ・サーバー

Fables for Our Time and Famous Poems Illustrated(1940)James Thurber 前回の『SEXは必要か』の注で簡単に記載したジェイムズ・サーバーの『現代イソップ/名詩に描く』ですが、訳本は主に二種類あり、どちらを買ってよいか悩む人もいると思いました…

『SEXは必要か』ジェイムズ・サーバー、E・B・ホワイト

Is Sex Necessary?: or Why You Feel the Way You Do(1929)James Thurber, Elwyn Brooks White ジェイムズ・サーバーは、とても好きな作家のひとりですが、困った点は訳本の多くが傑作選だということ。 傑作選ということは、当然ながら収録作の重複が多く…

『勇気ある追跡』チャールズ・ポーティス

True Grit(1968)Charles Portis メジャーリーグベースボールとロックンロールは若い頃と変わらず親しんでいますが、以前に比べ鑑賞する量が圧倒的に減ったのが西部劇です。十代の頃は、映画やテレビ、小説において、西部劇が頻繁に目に飛び込んできたもの…

『にわとりのジョナサン』ソル・ワインスタイン、ハワード・アルブレヒト

Jonathan Segal Chicken(1973)Sol Weinstein, Howard Albrecht いわずもがなですが、リチャード・バックの『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull 一九七〇)のパロディです。「かもめ」の方は五木寛之の訳で知られており、二〇一四年には、…

『大理石』ヨシフ・ブロツキー

Мрамор(1984)Ио́сиф Бро́дский ソ連から米国に亡命し、一九八七年にノーベル文学賞を受賞したヨシフ・ブロツキーは、少々変わった経歴の持ち主です。 彼は、ソ連時代(自らは前世と呼ぶ)、共産主義国家建設のために有益な働きを何ひとつしない徒食者とし…

『空洞地球』ルーディ・ラッカー

The Hollow Earth: the Narrative of Mason Algiers Reynolds of Virginia(1990)Rudy Rucker ルーディ・ラッカーは、一九八〇〜九〇年代に多くの訳本が発行されましたが、近頃はパッタリと翻訳が途絶えてしまいました。それどころか、フィクションもノンフ…

『狂気の山脈にて』H・P・ラヴクラフト

At the Mountains of Madness(1936)Howard Phillips Lovecraft エドガー・アラン・ポーの『ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語』関連作品の二回目は『狂気の山脈にて』です。 こちらは絶版ではなく、創元推理文庫の『ラヴクラフト全集4…

『ダイスマン』ルーク・ラインハート

The Dice Man(1971)Luke Rhinehart カルト的な人気がある小説というと、トム・デミジョン(ジョン・スラデックとトマス・M・ディッシュの共作)の『黒いアリス』とか、ゴア・ヴィダルの『マイラ』とか、ヴェルコールの『人獣裁判』とか、チェスター・ハイ…

『秘義と習俗』フラナリー・オコナー

Mystery and Manners(1969)Flannery O'Connor フラナリー・オコナーは、とても好きな作家のひとりです。邦訳のあるものは全て読んでいますが、やはり長編よりも短編に長けているように感じます(といっても、長編は『賢い血』と『烈しく攻むる者はこれを奪…

『シド・フィンチの奇妙な事件』ジョージ・プリンプトン

The Curious Case of Sidd Finch(1987)George Plimpton 一九八四年にデビューしたドワイト・グッデンの活躍は衝撃的でしたが、その翌年、同じニューヨーク・メッツにグッデン以上の新人投手が入団するという記事が『スポーツイラストレイテッド』(一九八…

『親友・ジョーイ』ジョン・オハラ

Pal Joey(1940)John O'Hara「親友・ジョーイ」(「親友」には「パル」とルビが振ってある)は、一九三八年から一九四〇年にかけて「ニューヨーカー」に連載された書簡体小説です。見方によっては十四の章からなる連作短編小説ともいえます。 さほどボリュ…

『蜘蛛の家』ポール・ボウルズ

The Spider's House(1955)Paul Bowles 音楽家としても有名なポール・ボウルズは、『シェルタリング・スカイ(極地の空)』(一九四九)の大ヒットによって期待の新鋭作家として注目されました。ところが、栄華は続かず、一九六〇年代以降には、ほぼ忘れら…

『葬儀よ、永久につづけ』デイヴィッド・プリル

The Unnatural(1995)David Prill 邦題から分かるとおり葬式小説(?)です。 葬儀を扱った小説といえばイーヴリン・ウォーの『囁きの霊園』(※1)が有名ですが、時代が五十年進んだ分だけ、さらに過激になりました。 いや、過激というか何というか……。実…

『ナチュラル』バーナード・マラマッド

The Natural(1952)Bernard Malamud 二〇一四年のプロ野球は、社会人を経てプロ入りした遅咲きのルーキーが話題になっています。 ちなみに、プロ野球史上、最も遅いデビューは、浜崎真二の四十五歳。彼は、一九四七年、阪急ブレーブスに監督兼選手として入…

『ミセス・スティーヴンズは人魚の歌を聞く』メイ・サートン

Mrs. Stevens Hears the Mermaids Singing(1965)May Sarton メイ・サートンといえば、おばあさんになってからの日記やエッセイがよく知られていますが、勿論、若い頃から詩や小説を沢山書いています(日本人でいうと、森茉莉みたいな感じか。『甘い蜜の部…

『ゴルフ人生』『ゴルきちの心情』『P・G・ウッドハウスの笑うゴルファー』P・G・ウッドハウス

The Clicking of Cuthbert(1922)/The Heart of a Goof(1926)Pelham Grenville Wodehouse ペラム・グレンヴィル・ウッドハウスといえば、何といってもジーヴスシリーズが人口に膾炙しています。 しかし、ウッドハウスは九十三歳で亡くなるまで、途轍もな…

『雪豹』ピーター・マシーセン

The Snow Leopard(1978)Peter Matthiessen 以前取り上げた『遥かな海亀の島』はフィクションでしたが、こちらは、著者のピーター・マシーセンが、野生動物生態学者のジョージ・B・シャラーとともにヒマラヤを旅するノンフィクションです。 といっても、動…

『おお開拓者よ!』ウィラ・キャザー

O Pioneers!(1913)Willa Cather 二〇一三年の「読書感想文」は、ちょうど百年前、一九一三年発行の『おお開拓者よ!』で締めようと思います(※1)。 ウィラ・キャザーには優れた作品が数多くありますが、個人的には、古き良きアメリカを郷愁たっぷりに描…

『二重太陽系死の呼び声』『放浪惑星骸骨の洞窟』『惑星ゾルの王女』『双子惑星恐怖の遠心宇宙船』ニール・R・ジョーンズ

The Planet of the Double Sun(1967)/The Sunless World(1967)/Space War(1967)/Twin Worlds(1967)Neil Ronald Jones 藤子不二雄(後の藤子・F・不二雄)が挿絵を描いたことで有名なジェイムスン教授シリーズ。それ以外にも読みどころは沢山あるの…

『七人の風来坊』ナサニエル・ホーソーン

Nathaniel Hawthorne『緋文字』(一八五〇)で有名なナサニエル・ホーソーンは、短編小説の名手としても知られています。 邦訳も数多くあり、岩波文庫に限っても『優しき少年 ―ホーソン短篇集 他十篇』『ワンダ・ブック ―少年少女のために』『七人の風来坊 ―…

『息吹、まなざし、記憶』エドウィージ・ダンティカ

Breath, Eyes, Memory(1994)Edwidge Danticat 毎年恒例の「夏休みの読書感想文」ですが、今年はハイチ出身のエドウィージ・ダンティカ(※1)の長編第一作を取り上げます。 僕の勝手なイメージかも知れませんが、ダンティカは、トニ・モリスン、ジャメイカ…

『遙かな海亀の島』ピーター・マシーセン

Far Tortuga(1975)Peter Matthiessen ナチュラリストであり、作家でもあるピーター・マシーセンは、小説も書くし、ノンフィクションもものします。 で、どの本を取り上げるか悩んだのですが、二者択一で決めきれませんでした……。というのも、僕が好きな二…

『ループ・ガルー・キッドの逆襲』イシュメール・リード

Yellow Back Radio Broke-Down(1969)Ishmael Reed 米国における黒人作家は、人種的・民族的アイデンティティをテーマにせざる得ないケースが多いのですが、イシュメール・リードは、リチャード・ライト、ジェイムズ・ボールドウィン、アリス・ウォーカー、…