読書感想文(関田 涙)

関田 涙(せきた・なみだ)

そのほか

ミステリーっぽい短編小説2

海外のミステリーっぽい短編小説の第二弾です(第一弾はこちら)。 ミステリーとは縁のなさそうな文豪が書いた短編だけをセレクトしようと思いましたが、今回はエンターテインメントの作家もかなり混じってしまいました。 蔵書を漁って、短編集を適当に引っ…

二十世紀の100冊〈私的海外文学年表〉

今回で、記事の数がちょうど百になりました(一覧は除く)。 元々「読書感想文」は、ホームページにおいて日記の一部として、ごくたまに書いていたものです。ある程度形式を決めて、定期的に更新するようになったのは、ブログに移行した二〇一一年五月以降の…

ミステリーっぽい短編小説1

可能であれば、ありとあらゆる本を読んでみたいのですが、人生は短く、読書にだけ時間を費やすわけにはいかないため、本を選ぶ行為がとても重要になってきます。 趣味の読書の場合、大抵は、好みや何らかの基準に合わせて、読む本を選択していることと思いま…